スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

偽善

2006/01/28 Sat 23:50

って何だろうって考えました。
冗談でもさ、言っていいことと悪いことあるじゃんねー。
言っても大丈夫な人と悪い人いるじゃんねー。

「いい人に見られたいからやってることで、ほんとに偽善なのかも」

人によって優しさって形が違うもの
優しさは生まれながらには持ってなくて
個人個人が生まれてからその過程の中で得ていく手作りみたいなものだから
人によってはそれは偽善に見られたり
誤解されたり
するんじゃないかなぁーって
別に確証があるわけじゃなくて私論ですが。

でも
偽善なんか思おうと思えば誰にでもできる簡単なことなんだから
そのコのは偽善なんかじゃなくって優しさだって私は信じたい。
スポンサーサイト
学生・日常 | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
「偽善」と受け取るか、「優しさ」と感じるか。
それは、両者の関係性や信頼度、といった、
「そこに至るまでの経緯」みたいなものに由来するかも?ね・・・
同じ相手でも、捉え方変わっちゃうこともありえたりするし。
その一方で、
何があっても揺るぎない信頼を確信出来る関係性もあるしね。
初カキコしちゃいましたo(o^-^o)o

優しさって、難しいですよね。
でも、信じたいと思えるなら、それはきっと優しさなんだと思います*
難しいね・・。
jinkoさんやえりちゃんの意見に賛成!
なんにも無い時は、普通に優しさと感じるものかなって。
「偽善」と感じるのは、こちら側がその相手に対して何か??って思う所があるからなのかな・・。
無意識的に、何か今までとは違う相手とのやりとりを感じるから「あれ?優しさ?偽善?」って思うのかなって漠然と考えました。
一つのサインとして、相手との関わり方を見直すチャンスかもね。
自分が信じようと思う気持ち、自分の素直な気持ちに耳を傾けて、自分を信じることが一番かなぁ~。
疑うのは・・結局自分が辛いからね。

そうそう、こんなところであれだけど・・・
あづの都合のいい時にお越しくださいませ!
私はいつでもWELCOMEよ♪
明日の締め切りは間に合いそう??
偽善ねー
信じることもたいせつだけど、目を背けすぎるのも危険かもよ。
その子がそういってるってことは、少しでもその可能性があるのかもしれない。
本人が自覚してる・していないに関わらず、偽善っていうのは存在しうるものだと思う。

たとえば、ボランティアなんてその典型だと思うけど、偽善でも、偽善でなくても、その結果自体は、相手にしてみたらありがたいことだし。要は、その結果が自分にとってどういうものなのか、ってことなんじゃない?
なるほど。
皆さんの意見、とても勉強になりました。
捉え方は
“人”(相手)によるのかもしれません。
その子について私はどう見てるか。
その子について「その子を偽善って言った人」はどう見てるか。
優しさと捉えるのも偽善と捉えるのも
その人次第ということでしょうか・・・。
私は、今のところ、その子に嫌な思いさせられたことはないから
優しさだって断言できて、迷いなく信じることできるけれど
「その子を偽善って言った人」はその子と今まで何かがあって
それなりの根拠があって偽善って言ったのかもしれないし・・。
どっちの意見も正しいのかもしれませんね。
要は、「その人をどう見てるか」「その人の行動の結果どう思ったか」なのでしょうか・・。
なんか複雑ですけど
人の内面性というかそーゆうの考えるの好きなんですよね笑

ごえりちゃん、初カキコありがとう♪
まっこさん、行ける日に飛んでゆきます!!!
卒論レポはなんとかギリギリ提出できましたよーーー(T^T)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。