スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

出産前に読むオススメの本

2013/06/14 Fri 15:19

私が産休中に読んだ本を紹介したいと思いますどれもママ先輩たちから、オススメ本としていただいたものばかり
私は、産休入ってから割と時間ができたり、寝つきが悪くて眠れない時などに読んでましたどの本も出産育児の不安を取り除いてくれたり、心の準備を整えてくれたり、時には涙しながら読んでましたよ

①『大丈夫やで』
大丈夫やで

プロの助産師おばあちゃんが今まで経験したお話を短編で掲載してます。私が一番感銘を受けたのは、"出産にむけての心の準備で必要なことは、何事も受け入れる「覚悟」だけ"とゆうこと。どんなに知識があっても、出産は人それぞれだから今から不安がらずに、本番で痛かったらその痛みを受け入れる、「覚悟」を持つこと。もちろん知識があるには越したことないけれど、この本を読んで肝が座った感じがしました

②『キセキ』
キセキ

MINMIの本。この本は、ベビ視点で構成された絵本で、出産の考え方がガラッと変わりました。例えば、今まで「出産はママが痛みに耐えて頑張るもの」と思ってたけれど、実はベビも頑張っていて、"ママが痛がらないように気にしながら出てきてるんだよ、だからママはベビが心置きなく出て来れるように「大丈夫だよー」って声をかけてあげようね"とゆうメッセージがこめられています。また、この本はプレゼント用に自由に書けるようになってるので、妊婦さんへのギフトにも最適と思います
YouTubeでも放映されてるのでよければ見てみて下さい。


③『ちかこの育児日記』
ちかこの育児日記

出産、とゆうより育児メインの本ですね。なので、産後に読んでもいいと思いますこの本は、作者自身の育児経験を元に書かれたエッセイ。ときどき手を抜きながらのびのびと育ててる姿がところどころに描かれていて、「そんなに気張らなくてもいいんだな」とほっこりすることができました


どの本もすぐ感情移入できて、すぐ読み切ることができました
スポンサーサイト
5年目・6年目日常 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
ちかこの育児日記は
赤ちゃんが育って、
「親の都合」で叱ってしまったり、
「感情的に」あたってしまったり、
そんな場面も日常には訪れてしまいがち。
そんなときに、いつも読み返しては、
産まれてきてくれたことの奇蹟や感謝を思い出し、
天使ちゃんへの愛おしさに涙していました。
No title
そうですよねぇ。
まだ2週間ですが、ついつい"もうっ!"と思ってしまったことがありました…息子は何も悪くないのに…><
早くも、私も都度読み返す本になりそうです!!

管理者のみに表示
« 育児スタート | HOME | 誕生 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。