スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

片想い

2008/01/20 Sun 22:54

という本、
一気に読み干しました

もともと
おすすめといわれて半信半疑で読んでみた本。

『片想い』
著者は
東野圭吾さん。

ん~実は恥ずかしいことに東野さんの小説を読んだのはこれが初めてで。

でも
テーマが面白くて
いろ~んなことを考えさせられた本でした

皆さんも機会があればぜひ
スポンサーサイト
新社会人~結婚まで・日常 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
東野さんの本は、いいよね~。
私は結構好きで、色々と読み漁ってます。
読み始めると止まらなくて・・
そういうところがうまいなと思ってます。
「片思い」も、色々なテーマがもりこんであるもんね。
彼の作品は、基本的にはずれはないと思うので、どんどん読んでみて!
たしか・・・
私の記憶が正しければ・・・苦笑

東野圭吾さんて大阪府立大学出身だと、
読書好きの神戸の母が自慢してました。
府大出身者で他に著名人がいないし・・・
(元夫って大阪府大なもので)
てことも、もちろんあるでしょうけど、
いい作品を書く好きな作家のプロフィールが
たまたま。。。ってことで超親近感みたい。

私が、
まったく知らない下級生なのに、
八嶋くんとか笑い飯を自慢するようなもんね。

おそらく文庫になるたびに送ってくれて、
かなり読みました・・・笑

「片想い」はまだ読んでいない・・・
かなりキソウなタイトルだなぁ・・・汗

>まっこさん
東野さんの小説、
私もはまってきましたw早速。
ちゃんとしたテーマ性があって
読書嫌いな私も惹き込まれてしまう構成で。

最近は「手紙」を読んだんですが
これはじ~んときました。
差別の意味とか差別がよくないとかは別として
どうして差別があるのか
っていうところから考えさせられる本でした★
他にも読んでみようと思います^^

>jinkoさん
東野さんって大阪の人なんですね!
著名な方と同じ大学だったなんて
自慢してしまう気持ちも分かります笑。
でも、jinkoさんに本とかを渡す用意してるお母さんを想像をると微笑ましいというか・・なんか可愛いですね♪
「片想い」いいですよっ!
いろいろ考えさせられる話です^^
ぜひぜひ!!
「手紙」は
この間テレビで映画放映してたよね。
息子と一緒に食い入るように観てしまった。
えっ?!
映画化されてたんですか・・?!
知らなかった・・。。

映画もいいんですね(^-^)
うん。
主人公の武島直貴に、山田孝之
服役中の兄、武島剛に、玉山鉄二
直貴の妻、由美子に、沢尻エリカ

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。