スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

帰る場所

2007/03/22 Thu 17:10

帰る場所があるっていいよね。

そこに待ってくれてる人がいるとさらにいいよね。

遠くにいても離れていても
繋がっているって思えるから、

遠くに行くことも
離れることも
あんなに簡単にできるんじゃないかな。

何の躊躇もなく
後ろも振り返らずに。

だって、後ろ振り返らなくたって
自分をずっと見送ってくれてるって分かるから。

だから、何かあった時は
帰ってくる。
そこに受け入れてくれる空間と人が待っているから。

いつでも帰ってこれるって知ってるから
めったにしか帰らない。
よっぽどの信頼がなきゃ、そんなことはできないと思うんだよね。

帰れる場所、落ち着く空間を作ったのはそこに生活してる人たち。

今まで何回か引っ越したけど
どんな土地や環境でも
自分の家はやっぱり落ち着いたなぁ。
両親共働きで一人留守番の時も・・やっぱり落ち着いたんだよね。
だから
親からの愛情・・や親への信頼って一緒に過ごす時間の長さじゃないと思うの。


どんな環境下でも
子供にそんな風に思ってもらえる家庭を築きたいな。
スポンサーサイト
学生・日常 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
なんだか・・・
男の子だからか、彼の性格か、
面と向かってはこれからもきっと、
あづみたいには言ってはくれないだろうけど、
先日、ひさびさに帰ってきたとき、
「あぁ、俺の部屋だぁ」とか口に出してたり、
リビングのソファに無防備な顔して寝てたの、
思い出しました。
息子にとっても、
「我家」を、
そんな居場所にできてたらうれしいなぁ・・・

あづの日記を読むと、いつもあづの心の奥のほうにあるあったかいものを感じるよ♪
なんて、誰かの歌詞に出てきそうだなぁ(笑

あたしは両親と離れて暮らしてるから、帰るたびにしみじみ感じてるよ。
お互いに、ステキな家庭を築けるようになろうね☆
うれしかったよ♪
ひさしぶりに会えて、
そして、元気な顔で、
とってもうれしかったよ。

再会の感激と驚きのあまり、
巻の婚約についての感想を聞き損ねた…爆
お久しぶりです♪
>jinkoさん
先日は久しぶりにお会いできてとても嬉しかったです♪
絶対息子さんも
実家を「自分の居場所」として考えてると思いますよ(^-^)
巻の婚約・・私も充実してる毎日だったので
すっかり忘れていました~。
たぶん、けっこう前だったらいろんな感情が芽生えたと思うんですが、今となっては、「ふ~ん」程度でしょうか笑。

>ふみか
私ときどき瞑想にふけるんだよね~。
考えてるのが好きなのかも。
両親と離れてるからこそ!の気持ちってあるよね。
ずっと同居してたら分からなかった気持ち。
親の愛情。存在の大切さ。
ふみかは素敵な家庭を築けそうだよね~ちゃんと近況報告してねっ♪

管理者のみに表示
« japanese ice | HOME | 酔っ払い »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。