スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

沐浴

2013/06/26 Wed 16:58

 沐浴
沐浴中の写真私がいないと、ご飯も食べられないし、おしめも替えられないし、お風呂も入れない。何もできないから大変だけど、かわいいからかまってあげたくなりますこの写真、腕にぶら下がってて、お猿さんみたいどんなに泣いてても、沐浴タイムになるとパタッと泣き止み、気持ちよさそうにしています
スポンサーサイト
5年目・6年目日常 | コメント(2) | トラックバック(0)

育児スタート

2013/06/26 Wed 16:41

息子の足と私の手

出産が終わって、いよいよ育児のスタートです

分かってたけれど…まー寝れない寝れない泣いたら、母乳orおしめorゲップのどれかを行い、やっと寝たぁ~と思ったら、またすぐ泣くのよねー特に最初は、母乳が少ししか出ないから赤ちゃんも満足しないんですねさらにおしめの替え方やゲップの出し方など、タイミングがいまいちつかめなかったり時間かかってしまったり…
でも、かわいいから辛いとは思いませんむしろ、赤ちゃんの意図を汲み取ってあげるのに時間かかっちゃってごめんね…と申し訳ない気持ちのが強いです何でもそうだけど、初めてなんだからできなくて当たり前なのに、いちいちネガティブになるんですねーめんどくさい私

では、退院後2週間での主な悩みと対策について記しておきます
 
・母乳
一時、体重が増えなくて、看護師さんの指導の元、母乳の頻度を3時間おきから2時間おきに変えました。もし熟睡してても起こして与えて、とのこと・・約2週間、息子の成長のためにも心を鬼にして起こしては授乳しました。その結果、順調に体重も増えたので、今は3時間おきにシフトしています

・めやに対策
目やにがすごかったので、起きてたり泣く度に赤ちゃん用コットンをお湯に浸してまぶたの奥まで拭き取ってあげてました。目薬もあるみたいだけど、根気よく拭き取るのが一番いいみたいこれも約2週間行ったらだいぶきれいになりました!

・おむつかぶれ
うんちをたくさんするので、おしりふきで都度拭いてたらちょっと赤くかぶれちゃって…塗り薬を処方してもらいました。・・といっても基本は、きれいに拭きとることが一番大事(どんなに赤くて痛そうでも!)。なので、本当は都度座浴させるのがいいのだけれど、さすがに手間(赤ちゃんのうんちの頻度は半端ありません)そこで、看護師さんに教えてもらって、ケチャップの入れ物にお水を入れてお手製ウォシュレットを作りましたこれはとっても重宝していますかぶれ対策手順は、①全体を拭く→②ウォシュレットでピンポイントに洗浄→③冷ましてから塗り薬。
余談だけど、処方箋に息子の名前が書いてあって、なんだか嬉しくなりました


今は、授乳など24時間体制。昼間は家族も協力してくれてたまに昼寝したり、夜中は断片的に寝てます。慢性寝不足だけど、そんな生活にもだんだん慣れてきましたよ
育児奮闘中の毎日・・・またちょくちょくブログにアップしたいと思います
5年目・6年目日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

出産前に読むオススメの本

2013/06/14 Fri 15:19

私が産休中に読んだ本を紹介したいと思いますどれもママ先輩たちから、オススメ本としていただいたものばかり
私は、産休入ってから割と時間ができたり、寝つきが悪くて眠れない時などに読んでましたどの本も出産育児の不安を取り除いてくれたり、心の準備を整えてくれたり、時には涙しながら読んでましたよ

①『大丈夫やで』
大丈夫やで

プロの助産師おばあちゃんが今まで経験したお話を短編で掲載してます。私が一番感銘を受けたのは、"出産にむけての心の準備で必要なことは、何事も受け入れる「覚悟」だけ"とゆうこと。どんなに知識があっても、出産は人それぞれだから今から不安がらずに、本番で痛かったらその痛みを受け入れる、「覚悟」を持つこと。もちろん知識があるには越したことないけれど、この本を読んで肝が座った感じがしました

②『キセキ』
キセキ

MINMIの本。この本は、ベビ視点で構成された絵本で、出産の考え方がガラッと変わりました。例えば、今まで「出産はママが痛みに耐えて頑張るもの」と思ってたけれど、実はベビも頑張っていて、"ママが痛がらないように気にしながら出てきてるんだよ、だからママはベビが心置きなく出て来れるように「大丈夫だよー」って声をかけてあげようね"とゆうメッセージがこめられています。また、この本はプレゼント用に自由に書けるようになってるので、妊婦さんへのギフトにも最適と思います
YouTubeでも放映されてるのでよければ見てみて下さい。


③『ちかこの育児日記』
ちかこの育児日記

出産、とゆうより育児メインの本ですね。なので、産後に読んでもいいと思いますこの本は、作者自身の育児経験を元に書かれたエッセイ。ときどき手を抜きながらのびのびと育ててる姿がところどころに描かれていて、「そんなに気張らなくてもいいんだな」とほっこりすることができました


どの本もすぐ感情移入できて、すぐ読み切ることができました
5年目・6年目日常 | コメント(2) | トラックバック(0)

誕生

2013/06/14 Fri 14:53

リョウくん  
産まれました~6/7(金)1:11、2900g、47センチ、の元気な男の子です予定より15日早かったりs、スピード出産でびっくりしたけれど、元気に産まれてくれてよかったです
では、記録として当時の事を記します。興味ある方は読んで下さいね


6/6(木)
22:20
寝っころがりながら母とドラマを見ている途中、お腹の中でボンッとゆう音がして違和感を感じる。
“何の音気のせいか。”

22:25
立ち上がったとたん、下半身からドバッと何かが漏れる。
“まさか破水
産院に電話し、すぐ来院するよう言われる

23:25
産院到着。
破水でだだ漏れ状態…到着までの間に鈍痛始まる。全然我慢できる痛み。ただし、既に間隔は6-7分。
“これが陣痛

余談:その日は両親とも飲酒してたのでタクシー使うも、タクシーのおっちゃんの土地勘がなさすぎて、産院到着までにかなりタイムロスしました…

23:30
モニタリング開始。
陣痛が鈍痛からだんだん激痛に。重い生理痛の痛み。でも30秒から1分でおさまるのでなんとか耐えられるレベル。
5分間隔。
子宮口8センチ開いてると言われる。

*陣痛を和らげた方法*
・腰にホッカイロを貼る
・腰を指圧でグイッと押す
 →私は、人にやってもらうより自分でやった方が和らぎました。
・呼吸をする
 →実は生理痛でも何度か気絶したことがある私。そのため、陣痛中に気を失わないかが一番の心配でした。なので、出産前から気絶する原因を分析今まで貧血の検査でひっかかったことはないので、思い返せば酸欠が1番の原因かもと考え直し、これを回避するためにどんなに激痛でもスーハーと呼吸をしようと試みました。結果、気絶しなかったけれど、今度は呼吸し過ぎて途中ビニール袋かぶせられました(過呼吸気味だったのかな・・・)。

6/7 (金)
0:15
陣痛がピークに
足で壁を蹴ってしまったり、腰が痛くて反り返ったり、とにかく痛みに耐えるのに必死
もはや間隔測ってなかったけれど、1-2分間隔だったと思います。

0:25
3-4回、その激痛に耐えるも、限界へ・・・ついに力んでしまう1度力むともう止められません看護師さんに伝えて、すぐ分娩台へ
もう歩ける状態じゃなかったけれど、そこはママの生命力なのか?支えられながらなんとか分娩台へ。
子宮口全開と言われる(つまり10センチ)
出産の準備の数分でさえも激痛と力みでしんどかったです・・・。

0:30
出産開始

*力み方のポイント*
・陣痛の予兆がきたら、深呼吸を2回して、3回目の呼吸を吐く時に力一杯力む。
 ここで長く力むのがポイントなので、呼吸は深くすること!激痛でも我慢して呼吸するのです。。
 力み終わってもまだ陣痛が続いてたら、もう1回深呼吸して吐く時に力む!!
 この繰り返しです。
・お尻を台から離さないように、とも言われました。力むときに反射で身体反らしてしまってたんですね。
・顎を引いて、赤ちゃんが出てくるのを見るイメージで。

1:11
男の子誕生~
頭が出た瞬間、「力むのやめてーっ」て言われてニョロンッと出てきました!一瞬間があってから、フンギャ~と泣き声を聞き一安心

1:20
赤ちゃんを抱かせてもらったり、先生に後処理をしてもらう。これは30分くらいだったかな。

余談:この後処理も、痛くないってゆう人多いけれど、私は痛かったです麻酔はもちろん、麻酔してても縫合一部痛かった…。なので爪を手のひらに立てて痛みをごまかしてました。やはり痛みに敏感なのかもしれませんね。

1:50
分娩台で2時間ほど休むよう言われる。
仰向けで足伸ばして休むと骨盤がよくなるのかな??
ここで、母親(ばぁば)も赤ちゃんも分娩台まで来てしばし団欒

2:50
父親(じぃじ)もかけつけてくれて団欒

3:00
両親帰宅。
私も入院部屋へ。就寝



ザッとこんな感じかなー。
教科書通りだと、おしるし→陣痛→破水の順だけれど、私の場合は、破水→陣痛でした。おしるしは全くなかったです
予定日よりも早かったのは、雑巾掛けが功を奏したのかもブログにも掲載したとおり、6/5の産院での内診が本当に嫌だったので来週もされるくらいなら早く産みたいと思った私。そこで、妹のすすめで、6/6は雑巾掛け(ヤンキー座りで行うのがポイント!!無理だったら四つん這いでも可)をしたのです。そしたらその日の夜中破水したもんね~おしるしがなかったから最初は戸惑ったけれど、破水から始まったからか、結果、トータル約3時間、病院着いてからだと約2時間でのスピード出産となりました初産だったから、余計に看護師さんも驚いてましたねもし将来2人目ができて、違う産院で産むことになったら1人目が破水から始まって、かつ、スピード出産だったことを話しといた方がいい」、とも言われました。正直、まだ全っ然2人目なんて考えてないし考えられないけれど、忘れないようにここに記しておこうと思います

ちなみにこの写真は今朝撮れたての写真今朝起きたら横でねんねのポーズをして寝てましたこんなかわいいポーズや安らかな寝顔を見たら、夜泣きや日頃の疲れも吹っ飛びますよねまだ顔立ちはっきりしてないから、お顔公開しちゃいました~最初だけね
5年目・6年目日常 | コメント(4) | トラックバック(0)

七海

2013/06/05 Wed 18:42

母親とホテルで鉄板焼きランチに行ってきましたーお店は七海。昔、妹のお誕生日に行ったお店です
今日の検診で「いつ陣痛きてもおかしくない」と言われたので、急遽予定変更して前倒しお料理はこちら。

前菜@七海 イサキのスパイス風味焼き@七海
スープ@七海 サラダ@七海 国産牛フィレ肉(90g)・焼き野菜・香りご飯・お味噌汁・お漬物@七海 フルーツ・桃のシャーベット・ピスタチオのブリュレ@七海


オードブルの鴨肉やサーモンももちろんおいしかったけれど、メインのお肉が本当に美味しかったですちょうどいい柔らかさで、もみじおろしやぽんずとの相性バッチリあと、デザートのピスタチオのブリュレも美味しかったです~ 今回は、シェフのおまかせランチコースにしたのだけれど、けっこうボリュームもあって、食べごたえありましたよ~

もしかしたらこれが出産前の最後の外食かも…と思いながら噛み締めていただきました
5年目・6年目グルメ | コメント(2) | トラックバック(0)
自分の記録のために今日の検診の様子を記します
特に妊婦さんにとっては不安材料になるかもしれないので、ご注意下さい

illust-harukaze1.jpg

さてさて、37週に入ると、モニタリングと内診が始まります

モニタリングは、お腹にバンドを巻いて、心音やお腹の張り、胎動を測定します。これは、赤ちゃんが起きてる時に行うものなので、赤ちゃんが寝てる時は検査にちょっと時間がかかります、約30分から1時間くらいかかるらしいですなので時間に余裕をもって早めの受診がおすすめちなみに、今回は起きてたので15分くらいで終了しました

そして、次は内診。内診、痛みの感覚は人それぞれですが、私の場合はちょ~痛かったです…一瞬だけだけどね感覚は、生理痛の子宮が痛い時に似ていました。キュゥゥゥって感じ。
もともと妊娠初期の内診も苦手だった私。今回、タオルをくいしばって挑んだけど、一瞬の激痛に耐えられず思わず「イタイッ」と叫んでしまいました
それでも先生は冷静。「お産はこの100倍は痛いですよ~」と。
…そうだよね、こんなもんじゃないよね。しかも内診は一瞬だけど、お産は長時間だもんね、頑張らなければ~
ちなみに、妹はそこまで痛くなかったと言ってたので、痛覚は本当に人それぞれなんですね。


診察結果
2700グラム
子宮口4センチ(初産にしては早いらしいです)
赤ちゃんが下りてきてる

よって、いつ陣痛がきてもおかしくない

このモニタリングと内診は毎週行います。赤ちゃんのためにも、お母さん頑張るよ

P.S.そういえば、うれしい出会いがありました!同じ産院に中高同じだった同級生がいたのです。しかも予定日2週間違い。今の産院は、決して地元に近い病院ではないので、地元の人とは会うことないだろうなーと思ってたら偶然ばったり。会うのは成人式以来?かもしれません。うれしい再会でした~
5年目・6年目日常 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。