スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

帰る場所

2007/03/22 Thu 17:10

帰る場所があるっていいよね。

そこに待ってくれてる人がいるとさらにいいよね。

遠くにいても離れていても
繋がっているって思えるから、

遠くに行くことも
離れることも
あんなに簡単にできるんじゃないかな。

何の躊躇もなく
後ろも振り返らずに。

だって、後ろ振り返らなくたって
自分をずっと見送ってくれてるって分かるから。

だから、何かあった時は
帰ってくる。
そこに受け入れてくれる空間と人が待っているから。

いつでも帰ってこれるって知ってるから
めったにしか帰らない。
よっぽどの信頼がなきゃ、そんなことはできないと思うんだよね。

帰れる場所、落ち着く空間を作ったのはそこに生活してる人たち。

今まで何回か引っ越したけど
どんな土地や環境でも
自分の家はやっぱり落ち着いたなぁ。
両親共働きで一人留守番の時も・・やっぱり落ち着いたんだよね。
だから
親からの愛情・・や親への信頼って一緒に過ごす時間の長さじゃないと思うの。


どんな環境下でも
子供にそんな風に思ってもらえる家庭を築きたいな。
スポンサーサイト
学生・日常 | コメント(4) | トラックバック(0)

酔っ払い

2007/03/21 Wed 01:04

自分が生まれた年のワイン(赤)を初めて飲みました

久々にとーっても酔っ払いました
今、無事帰宅できて安堵しています。

最近、いろんなイベントがあって。
社会人になる前に飲もう、とか。
友達が地方に配属になるから飲もう、とか。

昨日もお酒。
今日もお酒。
明日もきっとお酒。

先週までは旅行月間でしたが、
今週は飲み週間ですね
ほどほどにして、楽しみます
学生・日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

ただいま♪

2007/03/14 Wed 00:04

卒業旅行Part2に行って参りました~。

行き先は韓国ソウル!!

いやぁー出発が朝早くて5時40分のバスに乗ったんですけど・・
朝っぱらから事件が起きました。


時間になっても友達が来ない・・
バスが来ても友達が来ない・・・・
出発しそうだったんで
とととととりあえず、1人バスに乗って友達に電話!!

イマオキタ・・・

どーん!!

よしっ!
頑張れ!!

ちゃんと間に合ったからよかったものの
けっこうハラハラドキドキものでした~笑!!


ソウルでは

①めがねの技術に感動!!
 なんつーかフニャフニャしてるんです。
 踏んづけても壊れない眼鏡っ!!
 びっくりしましたww

②ノリのり天国のお兄さんに胸キュン!!
 本当に素敵でした~
 ハートをギュッとつかまれましたw
 ばっちり写真も撮りましたww

③アッシーくんにも胸キュン!!
 向こうの一部の食べ物屋さんは日本人観光客用の送迎車があるんです が・・その運転手が若くてかっこいいっ!!
 背が高いのが男のモテ条件の韓国では目立たないんでしょうけど・・日 本に来たら人気出ること間違いなしですねw
 あ、ばっちり写真も撮りましたww

④焼肉屋さん最高!
 向こうの焼肉屋さんは店員が全部仕切るんですね。
 焼いて、切って、お皿にのせて
 お皿が空くとすかさずお肉を置くんです!!
 それと、とにかく付け合せが多いんです!
 あ、あと梅酒を堪能しました。
 実は、のど弱い一家なんで・・お酒飲んだり、騒ぐとすぐに嗄れ声にな ります。いやぁーまんまと今回もガーラガラですww

⑤毎日山登り!!
 「移動はタクシーか電車が便利です。」
 なーんて現地の人に言われてたんですが
 私達、お散歩大好きなんで、ガンガン歩きましたー。
 これが意外と歩けるんですねw
 
⑥時差解消!!
 実はヨーロッパの時差ボケが治ってなくてw
 ソウルでは毎日めいっぱい動いてたから
 夜自然と眠くなってしまって
 時差ボケ完治っ!!

⑦バイクが歩道を走ります!
 いや普通に。走ってるんです。
 いろんなものを担いでw
 配達はほとんどバイクなんですかね。
 絨毯とか、置物とかあらゆるものを後ろに乗っけて歩道を走ってるん で危ないっw


とまぁーいろいろ心動かされたことがありました♪

あ、他にも思い出した!
アシアナ航空の機内食がちょ~美味しかったり~
ブーツインで行ったら珍しがられたり・・・etc

とにかく、
楽しかったです

場所、けっこう回りましたが
仁寺洞が気に入りました。
銘菓店や食べ所がとても魅力的でした


韓国語全く分からないけど
あっちの方々が日本語ペラペラなので会話もばっちりでした。

道分からなくて途方にくれてたら
日本語と中国語で声かけてくれて教えてくれたり

韓国人、優しい方ばかりでした

また行きたいですっ
学生・旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)

卒業

2007/03/10 Sat 01:18

先日、4年間通い続けた大学を無事卒業しました。

4年間、いろんなことを経験しました。

勉強、友達、仕事、家族、恋愛、旅行・・・etc

本当にいろんなことを。

中には消したい過去、忘れたい過去もあって
口に出さなかったり
思い出さないように閉ざしてたりして
自分を守っていたけど

今は
どんな過去も今の自分に成長するために必要な経験だったと実感しています。

ここを見れる人は皆大変お世話になっている人たちばかり。
過去を振り返る度に
仲間がいつも見守ってくれてたことに改めて気付きました。

本当にありがとうございました。

卒業式。
実は少し泣きました。
心理学科の教授ゆえからか

「これから先、元気じゃないときがあってもいいです。大きな石が突然落ちてきて路を阻まれても無理にどけなくてもいいんです。少し眠ったり、水を飲んだり・・立ち止まってもいいんです。前に進む気持ちさえ忘れなければ。」

じ~んときました。

素敵な餞の言葉です。

謝恩会。

ミラコスタで行いました。
スペシャルゲストでミッキー、ミニー、ドナルドが来てくれて
握手&写真撮影しました。

でもって、お世話になった先生たちと写真を撮りました。

食事どころじゃなくて
あ、もちろんスイーツは一通り食べましたけどねw
今までを振り返っては語り合ったり、別れを惜しんで写真を撮り合いました。

でも、別れといっても国内範囲。
会おうと思えばいつだって会える。

伝えたいのは「別れ」じゃなくて
「感謝」と「再会」。

だから
さよならじゃなくて
またねって言って
来週とかに普通に会うんじゃない?あたしたち。
ってくらいにスマートにお別れしました。


卒業万歳!!
わーいわーい!!
>>続きを読む・・・
学生・日常 | コメント(4) | トラックバック(0)
無事帰って参りました!!
毎日が感動のしっぱなしで楽しく充実した日々を送ることができました!!
たくさんの人との出会いも経験して、
たくさんの美味しい食べ物と出会って、
たくさんの雰囲気を楽しむことができました!!


中でも、私の中で一番楽しかったウィーンについての日記をここでは書こうかなと思います


ハプスブルグ家の豪華絢爛シェーンブルン宮殿を見学しました。
ベルサイユ宮殿をイメージして作られたようで、庭園も広かった・・。
宮殿の色が黄色なのはマリア・テレジアの好きな色だからみたい。

なんだか遠くから見ると平面?に見えたんだけど何か細工されているのかなぁ。

天井や壁、あらゆるところに女帝マリア・テレジアが描かれていました。

マリア・テレジアの父親は女の子2人しか子供いなかったから
女性も相続できる権力がある法律を作ったそう。
当時もう女性相続権を認められてたなんで近代的な考えを持ってたんだなぁ。

特に、マリア・テレジアの寝室に驚きました。
女帝ゆえの寝室というか。
出産前後や子育てしながら謁見ができるようにベットが改造された天蓋ベット。
両脇に子供を抱えながら謁見していたんだなぁとしみじみ思いました。
20年で16人もの子供を出産していて
子育てと仕事を両立してたんですね。

夜は本場オペラを見に行きました。
日本にいる時にBOX席を予約してたので一応ドレスアップして。
内容も予めチェックしてたからだいたい雰囲気をつかむことが出来ました。
終わったあとに「ブラボー!!」って皆言ってて、本当に言うんだ~なんて感心しました。

ウィーン2日目は自由行動。

王宮内。

【銀器コレクション】
ハプスブルク家の日常品がたくさん展示されていました。
もうね、どれだけお金持ちだったか・・・嫌というほど思い知らされました。
シェフが5000人以上だったり、銀器の数々、芸術的なナプキンのたたみ方・・・
ルイ15世→マリア・テレジアへの贈呈品(仲直りの印に)とか・・豪華すぎました。

【皇妃エリーザベト・シシィの博物館】

彼女の美貌は世界的に有名だけど
美やプロポーションの維持のための異常な努力を知ることができました。
172㎝で50㎏(そのうち髪の毛が5㎏)
等身大や実際に着ておられたドレスを見たけど
ウエストが細すぎて細すぎて・・・顔は凛としてて美人なのに
体型が背とアンバランスすぎて気持ち悪かったです。

【皇帝の部屋】
実質、最後の皇帝、フランツ・ヨーゼフ1世(シシィの夫)の部屋を見ることができました。
シシィとは打って変わってとても簡素なベッド等質素を好んだ彼の性格を物語っている部屋でした。

特にほほえましく感じられたのが仕事場。
仕事場にはシシィや子供たちの写真が数多く飾られていて、仕事机の前には彼が一番好んだシシィの肖像画を置いていたことから、愛妻家だったことが分かりました。
他にも、彼の部屋からフランツ・ヨーゼフ1世の愛妻ぶり、家族思い、仕事の誠実さを伺うことができました。

ここだけの話、実は生理痛と戦っていて、皇帝の部屋ではふらふらでしたが、刺激が強くて気合で乗り切りましたww

でもって、次に【ウィーン大学】
これはね~この旅行の思い出ベスト5に入る程素晴らしい体験ができました!!
直に話したいので、気になる方は直接聞いて下さい。

【シュテファン寺院】
塔を上ったんだけど
ウィーンを一望できて気分上々↑しました笑。

シュテフアン寺院から♪


この旅行で一番気に入ったのがウィーン。
治安もかなり良くて、道路も綺麗だし、人もいいし、本当に気に入りました。
それに食べ物も美味しいの!!

ディナーも奮発してヴィトヴェ・ボルテ(Witwe Bolte)っていう皇帝もお忍びで立ち寄っていたというお店で。
ウィーン名物のヴィーナーシュニッツェルが本当に美味しい。
白ワインとも合ってて最高でした。

そして、やっぱりデザートはウィーン名物、ザッハートルテ!!
ザッハー派とデメル派に分かれるみたいだから、とりあえずウィーンではザッハーで食べました。
噂通り、ちょ~美味しかったです。
あっちの生クリームは甘くなくて、そこがまた美味しくて。
メランジェも美味でした。


とにかく最高でした。
>>続きを読む・・・
学生・旅行 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。